結果が伴わなかった試合 #yamaga

2019 明治安田生命 J1リーグ第16節

横浜F・マリノス 1-0 松本山雅FC



また負けましたな……

しんどい……

何がしんどいって、

前節と違い、

いい感じに出来ていたのに結果が伴わなかった事がしんどいってよね……

いやまあ、勝てた試合かって言われれば難しかったと思うけど、

勝ち点1は取れても良い出来だったかと。

努力が報われない試合ってしんどいよねってことですわ

まあでもこれが勝負の世界なんで、

次に期待するしかないかな、と。

やれやれだぜ。



ところで、

Twitterを見ていると、

なんか今の状況で監督解任を口にしている方がいるみたいですね。

なんでですかね?

私は全然そうは思っていない人間なので不思議です。

というか、今の山雅にそういう事言ってる人って、

チーム間の戦力差を考慮できていない方な気がするんですよね。

山雅の戦力ってぶっちゃけJ1の中だと最下位レベルだと思います。

そんな戦力のチームは本来、

普通に戦ったら勝率とか、めちゃんこ低いと思うんですよ。

そこを反町監督はスカウティングやら対策やら戦術やらで少しでも確率を上げて勝ち点を稼ごうとしているんだと思います。

でもね、

結局元の勝率(戦力)が低いと幾ら対策したって限度があるんですよ。

勝率10%を頑張って40%に上げたところで負ける時は負けるんわけだし、

戦術のみで本来の勝率10%を80%とか90%に引き上げてくれるファンタスティックな監督なんて世界を見渡したところで居ないと思います。

今の山雅みたいに工夫を凝らして本来の力以上の力を出しているチームは監督を変えたところで、状況が悪化することはあっても改善は大して望めないかと。

そりゃあ、山雅の戦力が浦和レッズやヴィッセル神戸くらいあって今の順位ならば解任もありだと思いますよ。

優勝狙える戦力を保有していながら下位に沈んでるのであれば監督の手腕に疑いがあるわけですから。

でも山雅はそうではないですからね。

最下位でもおかしくないチームが最下位ではないのは監督の手腕あっての事だと思います。

現状では評価こそすれ、断罪すべきではないと私は思います。

時に批判することも大事だと思いますが、

現状を理解せずに不当な批判をすることはクラブの迷走を誘う事になりかねません。

クラブの立ち位置(戦力)を考慮しての批判を心がけるべきではないでしょうか。

そんな事をちょっと思いました。

てなわけで、

少しばかり愚痴ったところで今回は以上です。


画像



にほんブログ村 サッカーブログ 松本山雅FCへ
にほんブログ村

松本山雅FCランキング
押してちょ


国内線の比較・購入サイトの決定版【格安航空券モール】

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック