久方ぶりの山雅劇場でドロー!

2019 明治安田生命 J1リーグ第20節
松本山雅FC 2-2 サンフレッチェ広島




広島相手に2度もリードを許しながらも追いついてドロー。

特に2失点目は割と85分という終盤の時間だったので絶望感が半端なかったわけですが、それでも追いつけたのは素晴らしい。

こんなしびれる山雅の試合は久方ぶりでしたな。

しかも一点は渦中の前田大然選手が決めて、

もう一点はアディショナルタイムの終わりも終わり、終了間際での同点弾!

これぞ山雅劇場って感じでしたからね。

いやまあ、本当はこれで勝ち点3が取れていれば良かったんですけど、そこまでJ1は甘くないのはこれまでの試合で思い知っていますからみなまで言わんことにしておきます。

それよりも、ここ最近は失点したらまず追いつけないってのが当たり前になっていたので、それを打ち破ったのは今後の自信に繋がるという意味で重要かと。

この調子で粘り強く勝ち点を積み重ねて残留の可能性を高めていってほしいな。

そう思える試合だったということで、

以上です。


ワンソウル.png

にほんブログ村 サッカーブログ 松本山雅FCへ
にほんブログ村

松本山雅FCランキング
押してちょ



この記事へのコメント